HOME > ニュース > お知らせ > 年頭のご挨拶

ニュースNews

年頭のご挨拶

2021年01月06日 ラクーンホールディングス

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

この度の新型コロナウイルス感染症において、お亡くなりになられた方々にお悔やみを申し上げますとともに、罹患された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。そして、医療従事者をはじめとした感染拡大防止にご尽力されている皆様に感謝を申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の収束の時期はいまだ不透明な状況にあります。首都圏は再びとなる緊急事態宣言の発令も控えており、企業活動を継続するためには長期的な対策が求められています。全社的なテレワークの実施に加え、ウェブ会議・ウェブ面接など、ご理解をいただきながら体制を整えてまいりました。

ラクーングループは、日本全国の中小メーカーと小売店・事業者が取引できるマーケットプレイス「スーパーデリバリー」、企業間の決済を代行する「Paid」、ネット完結型の売掛保証「URIHO」を中心に、経営理念である「企業活動を効率化し便利にする」仕組みを提供しています。いずれも公共性を重視して開発しており、2020年は、対面で商売ができずに困っている多くの企業の役に立てたのではないかと考えております。

特に「スーパーデリバリー」は、需要の高まりを受け、より多くの企業に利用いただけるよう固定費をなくしたことは大きな変化でもありました。また、ライブコマースのような新しい取り組みも成果が出始めています。こうした便利な方法は今後も定着していくでしょう。

コロナ禍における一時的な需要増ではなく、企業間取引のインフラサービスとなるために、2021年は私たちにとってより重要な年となります。「お客様はリピートしているか?」「良質な評判が生まれているか?」と顧客満足と向き合い改良を重ねていく、今後もこの方針で推し進めてまいります。

私たちのお客様である日本全国の企業の生き残りがかかっています。企業の存続を目指して果たすべき役割を全うする覚悟です。

皆様の一層のご指導、ご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

株式会社ラクーンホールディングス
代表取締役社長
小方 功

ニュース一覧